実はナンパを喜ぶ女性も多いって本当!?

結果がダメでも果敢に再トライ!

ナンパをするなら前向きな精神は非常に大切です。

ただ、やはりナンパ師も人間ですからね。

あんまりにも連敗ばかりだと、時にはガックリしてやる気を失くすこともあるでしょう。

人によっては、
「多くの女性はナンパというものが大嫌いなんじゃないか・・・?」
という、根源的な不安や疑問まで浮かんできたりもします。

ナンパされることに抵抗があるかどうかは、もちろん女性によります。

失敗ばかりだと、
「抵抗がある女性のほうが多いのでは?」
と感じるかもしれません。

実際はそうとも言えない

実際のところ、ナンパをされたという事実を喜ぶ女性もそれなりにいるのです。

「声をかけられたってことは、それだけ魅力があったってことかな」
と感じれば、そりゃあ悪い気はしないでしょう。

もちろん男性からしてみると、単にルックスだけで選んでるだけではないというケースもありますけどね。

例えば、
「簡単にヤラセてくれそう」
「軽そう」
など、すぐにエッチな関係になれそうな女性をターゲットとするナンパ師も大勢います。

スッキリしたいときなどは、特に、
「ああいうチャラチャラしたギャル系ならすぐヤレそうだな~」
みたいな意味で魅力を感じて、声をかけることもありますからね。

ただ大抵の女性は、やはり、女として魅力があるから声をかけられた、と内心喜びます。

それをあからさまに表に出すことはしなくても、
「あ~声かけられちゃったよ~」
なんて思っていたりするわけです。

中には友人や家族などに対し、
「今日ナンパされちゃってさー」
と、どこか嬉しそうに報告する女性もいます。

・・・となると、女性は案外、ナンパされること自体はそれほど嫌ではないのかもしれません。

むしろ、魅力がある証ということで、女性的には結構嬉しいと言えるのではないでしょうか。

タイミングも重要!だからこそ諦めは禁物

しかし、連敗続きの身からすると、
「だったら、なぜみんな、ついてこない?」
という気持ちになりますよね。

ハッキリ言って、これはもうタイミングの問題かと思います。

  • 声を掛けた女性にすでにパートナーがいた
  • いろいろ忙しくて出会い自体を求めていない
  • 単に用事があって急いでいたため話を聞く暇がなかった
  • 仕事で疲れていてそれどころじゃなかった

このように、女性側に何らかの事情があると、当然ながらあまり歓迎されません。

ナンパされたという事実は喜ばしいとしても、それを受け入れる状況、気分ではなかった、というところですね。

逆に、タイミングさえ合えば、思いのほかスムーズに事が進んだりもします。

とはいえ、こればっかりは、運ですから・・・。

ツイてないときはとことんツイてないものだったりするので、そういう場合はひとまず退散し、家で大人しくエロ動画でも見ていたほうがいいかもしれません(笑)

でも、ナンパ自体を諦めることはありません

諦めずに続けていけば、いずれビッグウェーブがやってくるでしょう。

人気漫画「スラムダンク」のキャラクター・安西先生が言い放ったという有名な名言があります。

「あきらめたらそこで試合終了だよ」

そう、まさに安西先生の言うとおり(笑)

ナンパを止めないかぎり、成功する可能性はあるのです。

しかし完全にナンパを止めてしまったら可能性も何もありません。

そこで全てはおしまいなんです。

終了なんです。

ウジウジ悩むくらいなら、もういっそすっぱりナンパ道から足を洗うのもひとつの選択ではあります。

でも、成功したときの達成感や、セックスができたときの喜びなどを考えると、ちょっと失敗が続いているくらいで諦めるのはもったいない、と、自信を持って言えます。

まとめ

「そもそも女性はナンパされるのなんて心底大迷惑なんじゃないのか?」

なかなか上手くいかないからといって、このような本質的な部分での不安を感じる必要はありません。

「声をかけられて嫌な女性はいない」
「単にタイミングが合わなかっただけ」
と、あくまで前向きに考えるようにしましょう。

どうせナンパをするなら、楽しく自信を持って挑みましょう!