女性の警戒心を解くべし!

ナンパをする場所といえば、皆さんはどこを思い浮かべますか?
やはり多くの人は「街」を想像するでしょう。

街といっても、ほとんど人通りが無いような寂しいエリアでは意味がありません。
例えば都内なら渋谷や原宿、池袋に新宿など。
人で賑わっている繁華街こそ、定番かつ絶好のナンパスポットと言えますね。

ただし、女性目線で考えると、こうした場所でのナンパは「いかにも」という感じで警戒してしまいます。

ナンパをする際に大事なことのひとつ

大事なことは、「如何にして女性の警戒心を下げるか?」です!

「言われるがままついていって、危ない目に遭ったらどうしよう?」
「見知らぬ男性と繁華街で出会ってどこかへ行くなんて危険すぎる」
「ていうか繁華街だしナンパというよりスカウトかキャッチかも。うっとうしい!」

このように、自身の身を案じるゆえの警戒心や、スカウト・キャッチという繁華街ならではの警戒心などなど。
ナンパをされる女性たちの中には、あらゆる警戒心が渦巻いているわけです。
まあ「知らない男性と遊ぶなんて危険」という点は、繁華街であろうとなかろうと同じですが…
妖しげなお店がたくさんあるエリアだと、そういった警戒心が余計に強く働いてしまうのかもしれませんね。

それこそ繁華街のクラブでも行けば、警戒心皆無のギャルと出会える可能性はいくらでもあります。
が、「ギャル?違う。それは自分の好みと違う」「いくらエッチ目的でも誰でもOKってわけじゃない」というナンパ師にとっては無意味ですね(笑)

女性の警戒心を解くためにはどうすれば良いのか?

これはなかなか厄介なところです。
なるべく爽やかに、「いかにもナンパするために声掛けました」的な雰囲気を出さなければ、警戒心はそれなりに下がるかもしれません。
ただ、特に初心者の場合、これが結構難しかったりするんですよね。

そこで、いっそシチュエーションを変えてみることをオススメします。

そう。街ではなく、海・温泉・リゾート地など、観光スポットと言われるエリアでナンパをするのです!

こうした場所で遊んでいる女性達は、通常よりもリラックスしています。
日常から離れて旅行を楽しんでいるのですから、そりゃあリラックスもしますよね。
即ち、警戒心も通常より下がっているわけです!

夏のナンパならぜひとも「海」はおさえておきたい!

開放感あふれる海やリゾート地は、そもそもナンパの定番スポットですよね。
寒い季節だと厳しいですが(笑)
夏の暑い時期であれば、絶好のナンパスポットと言えるでしょう。

「旅先の海で遊ぶ」。この状況だけで女性たちのテンションは上がります。
それに加えて「夏」という、1年の中で最も開放的になる季節もセットですからね。

女性のリラックス度やテンションがアップ!
それに伴い警戒心がダウン!
そんなナンパ師にとって嬉しい要素が、夏の海には揃いまくりというわけです。

それに水着って、当然ながら露出度めちゃくちゃ高いですからね!
ビキニとか、正直アレってもはや下着同然じゃない?と思います(笑)
それゆえついついアダルトな妄想も加速!
露出度の高い恰好を見れば、ナンパする気分もさらに盛り上がるってものですから、ナンパ師のテンションを上げるという意味でも海はオススメです。

また海には「ナンパ待ち」をしている女性も多数います。
声を掛けた女性が偶然にもナンパ待ち女性であれば、もはや願ったり叶ったり。
もちろんナンパ待ち女性でなくても、成功率は高いですけどね。先程もご説明したように、何しろ海は開放的になりやすい&警戒心が下がりやすい場所ですから。

ただし、声を掛ける際には一工夫あったほうが良いです。

「何してるの?ひとり?どっから来たの?」など…
いくら女性の警戒心が下がっているとはいえ、こうしたありふれた声掛けでは少々厳しいかもしれません。
海にはナンパ師=ライバルもウヨウヨいます。
そんなライバルを出し抜くためには、多少わざとらしくてもいいのでキッカケを作りましょう。

例えば「ビーチボールが行方不明なんですけど~」とかでもOK。もちろん嘘でも構いません。
「こういう感じのボールで」と適当に説明しつつ会話をしましょう。
場合によっては「一緒に探しましょうか?」となるかもしれません。

感触自体は悪くないけど、もしそのような展開にまでならなかったら「じゃあまた探してみるか~」と、ボールに関しては早々に切り上げましょう。
そして「あ。ところでさっきからちょっと思ってたんですけど、なんかどっかで会ったことありません?」などと、別の切り口に持っていきます。
いきなりコレだとアウトかもしれませんが、ある程度会話をした後なら案外自然です。
そこからまた話を繋げていけば、いつの間にか仲良くなっていたりします。
また、仲良くなった後で「実はボールの件って嘘だったんだよね。話しかけたかったからさ(笑)」とカミングアウトすれば、嘘も笑い話になります。

とにかく夏の海は本当にオススメです!

秋冬なら温泉地もアリ

そして寒い時期であれば、温泉地なんかも良いでしょう。

夏特有の開放感はありませんが、「見知らぬ土地&温泉でのんびり」というシチュエーションは、超リラックスモードになること間違いなしですからね。
また秋や冬は人肌恋しい季節でもありますから、そういう意味でも警戒心が下がりやすいと言えるかもしれません。

もちろんこの場合も、ナンパっぽいありふれた声掛けは避けたほうが吉!
「この辺にいいお店ありませんかね?」
「温泉って普段ほとんど来ないんですけど良いもんですね~」
など、自然な切り口は結構あるものです。

女性の警戒心が下がれば、難易度もグッと下がります(笑)
「街」という場所にこだわらず、様々なスポットへ出向いて、リラックスモードの女性を狙ってみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です