ナンパするなら誠実さ&情熱をアピール!

多くの女性が、>ナンパする男性=軽そう・チャラチャラしてそうというイメージを抱きがちです。

街行く見知らぬ女性に手当たり次第声をかけるわけですから、このようなイメージを持たれるのも仕方ないと言えます。

実際のところ、軽くてチャラチャラしたナンパ師も多く存在していますしね。

もはやそこを突かれると返す言葉がございません、という感じです(笑)

イケメン=ナンパ成功とは限らない

ナンパはチャラいイメージがあるため、カッコイイからといって、絶対にナンパが成功するとは限りません。

いくら声をかけてきた男性が自分好みのイケメンであっても、
「なんか軽そう…」
と感じると、その時点で引いてしまう女性は結構多いんです。

もちろん、
「カッコイイ人に声掛けられちゃったー、嬉しい!」
と舞い上がり、ホイホイついてきてくれる女性もいます。

そのような女性に当たれば超ラッキー、なんの問題も無くオイシイ展開が望めるわけですが・・・。

世の中そう簡単にうまくいかないものです。

人生もナンパ道も厳しい(笑)

しかし当然ながら、そこで諦めてはいけません。

出会い系やセフレ掲示板を使うのもいいですが、ストナンはストナンの醍醐味というものがあるものです。

声をかければ毎回必ずGET!とまではいかなくとも、やり方次第で今よりナンパ成功率を上げることは十分可能です。

そして、イケメン=ナンパ成功ではありません。

どういうことかというと・・・。

顏の善し悪しに関係なく、女性が胸を打たれる雰囲気でお声かけすれば、全ての男性にチャンスがあるってことです!

ナンパする男=チャラ男というイメージを壊す

では女性側は、どんな男性だと受け入れてくれるのでしょうか?

もちろん全ての女性に共通すると断言はできませんが、冒頭でも話したとおり、多くの女性が、ナンパする男性=軽いチャラ男、というイメージを持っています。

まずは、このチャラいイメージを和らげることが大切と言えるでしょう。

ナンパというチャラい行為をしてる時点で、チャラいイメージを和らげるのなんて無理なんじゃないか・・・と思われるかもしれません。

確かにそうです。

正直ナンパをする男性は、セックス目的の人も多いですからね。

・・・というか実際、ほとんどが、
「お、美人だな。ヤリたいなー」
と感じて声をかけたりするのが本当のところでしょう。

もちろん、ナンパをきっかけに真剣なお付き合いがスタート!というケースもあるでしょうが、ハッキリ言って大体のナンパ師はエッチな関係を狙っています。

その辺を女性も察しているので、余計に悪いイメージが根付いているんでしょうね・・・。

だったらどうすればいいの?

この際、相手がどう感じようが構いません。

相手が抱いているイメージなどはひとまず無視です!

まずはいっそ思い込んでしまい、さらには、設定を作ってしまいましょう。

「チャラいなんてとんでもない。自分はとても誠実な男なんだ」

「シャイでなかなか女性に縁が無い…そんな消極的な自分を変えたくて、あえてナンパをしている!」

「良い出会いを求めるなら受け身じゃダメだ。だから人になんと思われようとも、あえてナンパに挑んでいる!」

・・・などなど。

ナンパという行為を前向きな方向に転換してしまうのです。

そして女性に話しかけた際には、すかさず、
「チャラチャラしてるな~とか思ってる?(笑)」
と、冗談めかして先手を打ちましょう。

そのうえで、上記のような前向きな理由を、明るくサラッと話すのです。

真面目な雰囲気を出そうとして神妙に話してしまうと、それはそれでかえって引かれてしまう可能性があるので注意しましょう。

ナンパ=チャラチャラした心から生まれた行為、ではなく、ナンパ=まっすぐな心から生まれた行為、という点をアピールしてみましょう。

そして、
「全てのナンパ男がチャラいわけじゃないんだな」
と、女性の持つイメージをぜひ壊しちゃってください(笑)

しつこいようですが、その際は明るさを忘れずに。

前向きな理由によりナンパをしている、ということを、明るく爽やかに語れば、普通にナンパするよりも好印象が得られやすいです!

アツい心意気をぶつけるべし

また、情熱的な姿勢も大切ですね。

とはいえあまり強引すぎても嫌悪感を持たれてしまいます。

「いいからちょっとお茶でもしようよ!」
という無理矢理なやり方は、大抵悪印象を与えてしまいます。

強引さや情熱は、そういった自己中心的な形で表現してはいけません。

例えば、

「ドキドキしたけど勇気をもって声を掛けたんです!」

「大げさかもしれないけど、今言っとかないと後悔するなと思って」

「またココですれ違えるとは限らないじゃないですか。だから思わず!」

など、「今やらずしていつやるんだ!」という、まっすぐなガッツが感じられる形で情熱を表現しましょう。

もしかすると、最初は、
「何この人(笑)」
と思われるかもしれません。

しかし、ストレートかつ素直にアツく伝えるという姿勢を終始見せ続ければ、もはや女性も根負けです(笑)

「そこまで言うなら…ま、お茶くらいいいかなあ」
と、半ば呆れつつもクスクス微笑みながらOKしてくれれば、もうこっちのもんです(笑)

まとめ

ナンパをするなら、やはりある程度のアグレッシブさは必要不可欠。

だからといって、相手を不快にさせる強引さや、チャラついた雰囲気は禁物です。

女性が思わず、
「あ、なんかいいな」
と感じてしまう、誠実さや情熱ぶり。

まずはそれらを見せつけることを意識してみましょう!

獣の心を持ちつつ、紳士的に振る舞うこと。

これはナンパに限らず、あらゆる場面で有効です(笑)