ナンパに正解はない!セックスまで持ち込めたナンパ成功例

実際にナンパしたことのある人ならお分かりだと思いますが、ナンパにはこれといった正解はありません。

1人の女性に声をかけ、その人と連絡先を交換もしくはセックスまで辿り着けたとしても、次の日に同じように声を掛けても誰一人として捕まらないこともあります。

ナンパの難しいところは、声をかける相手を見つけたら声をかけた瞬間に、瞬時にその女性がどんな男性が好みなのか判断して演じなければいけないことです。

自分の我を通して成功することも大いにありますが、成功する人の多くは面白い方やカッコイイ人、ノリの良い人となりますので声のトーンが低い方や爽やかな印象を得られない方は成功率が低くなると思います。

この記事では、あきらめずに声をかけ続けた結果、こんなおいしい思いをすることもできました、という体験談を紹介したいと思います。

ナンパの極意~失敗を恐れるな~

私は今まで数多くの女性に声をかけ、ナンパを成功させてきましたが、その成功した数の数十倍の回数ナンパを失敗しています。

実際いきなり声をかけても、その女性がナンパに応じてくれるような女性かどうかは分かりませんし、出たとこ勝負な点は否めません。

大事なのは断られても諦めず、ひたすら声をかけ続けることです。

声のかけ方がワンパターンになってしまうとナンパしている男性も面白くなくなってしまい、女性につまらない雰囲気が伝染してしまいますので、楽しみながらナンパをしてみてください。

1人の女性に断られてあきらめてしまう人はナンパに向いていません。

せいぜい出会い系サイトを利用したネトナンがいいところです。

ナンパがうまくいかな人も、ナンパ初心者の人も、ナンパセックスをしたいなら、とにかくたくさん声をかけましょう。

ナンパ成功例~風俗嬢を見抜き、即ホ交渉に発展させる~

私が経験したナンパ成功例の中で最もちょろかった経験談です。

私は当時23、4歳くらいでしたが、昼過ぎに時間が余ってしまい歌舞伎町をうろうろしていました。

当時の私は昼でも夜でも見境なしにナンパをしていましたし、歌舞伎町や新宿東口を拠点にナンパしていたので、昼夜問わず人はたくさんいました。

女性が多い繁華街はその分チャンスが多いと考えた方がよいと思います。

そうした考えが功を奏したのか、私は蕎麦屋さんのメニューを見ている1人の女性を見つけました。

いつもはナンパをしようか考えた際、小心者の癖が顔を出してちょっと躊躇ったりもするのですが、不思議とこのときは躊躇うことがありませんでした。

「ここまずいですよ?他行きましょ他(笑)」
「えっ?そうなんですか?(笑)」
「ホテルで何か食べませんか?俺奢りますよ?」
「う~ん、ホントですか?」

愛想のよい女性でしたので声をかけて正解だったなと思いました。

完全にただの営業妨害でしたが、実際一度足を運んだ際においしくなかった経験がある蕎麦屋さんだったので、「金返せ」っていう意味での仕返しにはなったと思います。

いきなりホテルに行くことを誘っていますが、これには訳がありました。

黒髪ロングで少し肌荒れの目立つ女性でしたが、反応の良さと肌の露出具合から大衆風俗店で働いているんじゃないかという予想を立てていたんです。

プライベートでセックスすることに対して抵抗がない女性が多いのが安い風俗店で勤務している風俗嬢の特徴でもあるので、思い切って踏み込んでみたら案の定好感触を得ることができました。

そのままホテルとは名ばかりの安いラブホテルに連れていき、食事やルームサービスを一切頼むことなくセックスすることができました。

連絡先の交換どころか名前まで聞くことなく(もしかしたらホテルへ向かう道中に聞いたかもしれませんが、全く覚えてません)セックスすることができて、挙句中出しで終えることができたので、今までで最も簡単でよい思いができたナンパでした。

かかった費用も安いラブホテルの休憩代だけで、3、4000円程度だったと思います。

まとめ

冒頭で瞬時に女性の好みを把握する必要があると伝えしましたが、その女性の特徴や職業を何となく想像することができれば、ナンパの成功確率はグンと上がります。

相手の好みに合わせてキャラクターを演じる必要はありますが、相手の本質を見抜く方が得意だという人は、こちらの方法で声をかける女性を選んでみてもよいでしょう。

少数ではありますが、ナンパしてそのままセックスできる女性は世の中に確実にいるので、男性の夢は広がるばかりだと思いますよ。

どうしてもナンパが難しい人は、出会い系やセフレ掲示板で探すのもいいかもしれませんね。