何十人とナンパセックスした中で一番エロかった女はこれだ!

私はナンパをする際、その日にセックスまで持ち込むことができないとナンパが成功したとは思わないようにしています。

実際ナンパに行く際はセックスがしたいと思うからしている部分が大いにありますし、ナンパに応じてくれた女の子と居酒屋に行こうものなら確実に帰りにセックスできるように話を進めます。

そうして大勢の女性に声をかけ股を開かせてきたわけですが、今までセックスしてきた中で一番エロかった女性とのセックスを紹介したいと思います。

セックスの体験談や出会い系、ナンパの体験談は数多くネット上に乱立していると思いますが、私の体験談も負けていないと自信を持って紹介できますので、楽しんでいただけると幸いです。

腰振るエステティシャン!細身でも出るとこ出てました!

自宅の最寄り駅に関しては控えますが、今の家に引っ越してきて半年も満たないタイミングでナンパに繰り出したことがあります。

乗り換えで使われることもある駅なので、繁華街から住宅街、繁華街から繁華街へと乗り換える人がたくさんいる場所に住んでいます。

もし同じ条件の人がいたら、ぜひナンパに繰り出してみることをオススメします。

その女性は繁華街の女性専用エステで勤務されている当時24歳の女性で、細身で笑顔がかわいらしい印象を受ける女性でした。

仕事が終わってそのまま帰るために乗り換えをしようとしたところを私が声をかけたそうなのですが、実際その駅から二駅先に家があって割と近所だったこともあり、ナンパに応じてもらえました。

大衆居酒屋店で鏡月のボトルを頼み、2人でグイグイ飲みながら話していたのですが、特に下ネタに移ることなく真面目に仕事の話をしていたと思います。

しかし私はセックスする気満々でしたので、自宅が近いことをいいことにお店を出た後宅飲みを提案しました。

提案したというよりも手を繋いでそのまま家に連れ帰った形でしたが、特に抵抗されることなくついてきてくれました。

家に着いた途端、コンビニで買った缶チューハイとビールで乾杯したのですが、お互いにかなり酔っていたのであまり酒は進まず、ベッドに二人で横になることに。

「何もしないから一緒に寝よう」
と説得して一緒に寝たのですが、若い男女が一つのベッドで一緒に寝て何もないわけがありませんね。

すぐに横で寝ている彼女のおっぱいを揉み、おマンコの辺りを服の上からさすりました。

「ちょっと(笑)何もしないって言ったじゃん」
「ん?だいじょぶだいじょぶ」

ロクな説得もしないまま彼女の身体を貪っていると、途中で起き上がり彼女の方から服を脱ぎ始めました。

「ちょっとしたくなってきちゃった」
「うん?何もしてほしくないんじゃなかったの?」
「いいじゃん別に。触るからだよ」

そのままおもむろに私のズボンとパンツを脱がせ、硬くなったチンコをしゃぶり始めました。

吸い付きがとても強く、それでいて歯が当たったりしない絶妙なテクニックを披露されて、隠れヤリマンなんだなと感じたのを覚えています。

「うわっ、めっちゃ気持ちいい」
「んん~、あんま唾でない」

本人的にはもっと上手にできそうなニュアンスを含んでいましたが、私としてはもうフェラは大満足だったので、次に進みたくて仕方ありませんでした。

「ちょ、もういいからさ。腰振ってよ?」
「わかった」
「騎乗位好き?」
「うん、私一番騎乗位が好き」

私も騎乗位が一番好きだったので、身体の相性も抜群でした。

特に手マンをしたりもしていないのに、マンコはグチュグチュになっていたのでスムーズに入りました。

エステティシャンなのでスタイルに気を遣っているらしく、細身でも出るところは出ているうえ、締まりもとてもよかったです。

「ああっ!ああん!あ、あ、きもちいぃ・・」

喘ぎ声も普通にしゃべっているときより数倍エロくなっていて、私のチンコはどんどんギンギンになっていきました。

やはりセックスになれているのか、腰をグングン前後に激しく振ったかと思えば、おマンコに入っているのが見えるように股を広げ、上下にパンパンと音が聞こえるように動かしたりと、本当にエロかったです。

騎乗位だけでイキそうになることはあまりないのですが、あまりの気持ちよさにイってしまいそうだったので、細身に似合わず豊満なおっぱいを揉みしだき、楽しみながら正常位に切り替えました。

上からガツガツ突きまくっていると、ピチャピチャと聞こえる愛液と嬉しそうによがる彼女の姿を見て我慢の限界を迎えました。

「イ、イキそう・・・中に出していい?」
「だ、だめっ!中はだめ!あっ、あんっ!・・お腹に出して?」
「ああっ!イクっ!!」

セフレにしたかったので無理矢理中出しすることは避け、言われた通りお腹に出しました。

スッキリしてそのまますぐ寝てしまったのですが、朝起きてからまた横で寝ている彼女を見たらムラムラしてしまい、寝ているのもお構いなしにいきなり挿入しました。

その日は仕事だったのでそれ以上楽しめませんでしたが、彼女以上にセックスが上手な人にはそれから会えていないと思うくらい、とてもエロい女性でした。

まとめ

連絡先を交換したので、その後も飲みに行ってセックスまで持ち込めないか考えていたのですが、連絡がつかずセフレにすることができなかったのがとても残念です。

こんなことなら中に出しちゃえばよかったかなとも思うのですが、無責任な男認定されてしまうので極力しないようにしましょう。

私はあまり気にならないのですが、罪悪感を感じてしまう男性は特に合意の上で中出しするようにしてください。

しかし、やっぱりもう一回だけでもいいからヤラセてくれないかな~なんて考えてしまうくらい最高のセックスだったと思います。