彼女がいてもナンパがしたい!

特定の恋人がいらっしゃる方でも、女遊びが止められないでナンパをしてしまう方はいらっしゃると思います。

また、ナンパをしたいと考えていても彼女がいることがしがらみとなって出来ず、日々我慢しながら過ごされている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そうした方のために、私が過去に彼女がいながらもナンパをした体験談をご紹介したいと思います。

彼女がいるというのは付き合っているという事実だけではありません。実際に彼女と遊びに行った先でバレないように別の女性とセックスをした体験談です。上手くやればこんなことも出来ますよというご紹介になりますので、恋人がいながらもナンパしたいと考えていらっしゃる方は参考にしていただけますと幸いです

目を盗み、リスクを楽しむ!

私が隣に彼女がいる状態でナンパをしたのは、とあるダーツバーで遊んでいる時でした。

当時友人とダーツにハマっている時期があり、友人と一緒でなかったとしても一人で投げに行ったり彼女を連れて行ったりしながら遊んでいたのを覚えています。

そのお店は入り口近くにダーツが出来る場所があり、少し奥まった場所までいけばビリヤードも楽しめる造りになっていて、私はダーツしかしませんでしたので入り口付近で彼女と二人で楽しんでいました。

隣の席で、男性4~5人と女性1人のグループが遊んでいるのを知ってはいたのですが、お酒をかなり飲んでいた様でテンション高く騒いでいたのが印象に残っています。

自然と絡むようになり、1人だけいた女性も私の彼女の事を気に入り、やたらとベタベタしていました。男性の方々は、お世辞にも見た目が良い方がいらっしゃらなかったので、酔っている楽しさもあったのか私の事をイケメンだと褒めちぎってきました。

正直はっきり私の顔を把握できている方はいないだろうなと思っていたのですが、その流れで女性の方も私の見た目を褒めてくるようになりました。 そうなってくると私としても、その女性にどうにか手が出せないか考えるようになったんです。

お店の造りが少し変わっていて、ダーツが出来る場所から一旦外に出ると、路上に出るのとは反対側の通路に向かえばトイレがある様な造りになっていました。

私はその女性がトイレに向かったのを確認して、少ししてからトイレに行くと彼女に断りを入れトイレに向かいました。

あまり利用されているお客さんの数が少なかったこともあり、私以外にトイレを使用している方がいないのが救いとなり、用を足してトイレを出て来た女性に声をかけて手を出そうとしたんです。

「大丈夫ですか?結構酔ってますね」

「あ~イケメン君だ~」

「取りあえずもう一回トイレ入りましょう(笑)」

「え~なんで~?」

答えることもなく女子トイレに二人で入り、手を引いて一つの個室に入ってそのまま服を脱がしました。

乳首にいきなり吸い付き、スカートをめくって下着の上からクリを弄っていたのですが、戸惑いながらも喘ぎ声を発していたので好き放題に出来ました。

「ちょっと、君誰なの?今日会ったばっかだよね?」

「関係なくない?ヤリたいからヤルんだよ?」

「ウソじゃん(笑)んんっ・・・あっ、あっ」

前戯もほどほどに早めに挿入して、立ちバックのままいきなりガツガツ突きまくりました。

あまり時間をかけてしまうと彼女に怪しまれると思っていたので、我慢することなくイキたくなったタイミングでお尻にフェニッシュ。

そのまま何事も無かったかのように席に戻りました。

すると彼女から

「ねぇねぇ、あの二人イヤらしいことしてたよ?」

「ん?どゆこと?」

「さっき私トイレ行ったんだけど、個室でエッチなことしてる声が聞こえたの。男子トイレもちらっと覗いたんだけど、個室が一つ使われてるだけだったからあなた以外にいなかったと思うし、そうすると確実にあの人達でしょ?」

ドキッとしましたが、私以外にもトイレに立った男性がいたことが功を奏し、何とか彼女をごまかすことが出来ました。

正直見つかるかもしれないというリスクはあったのですが、そのスリルも楽しみながらセックスしていたので見つからなくて良かったと胸をなでおろしました。 

さすがに彼女と遊びに行った先で見知らぬ女性とセックスしたのはこの一回しか経験がありませんが、そう頻繁に行うと確実にバレると思います。

決してオススメはしませんが、日常に刺激が足りない方やどうしてもタイプの女性を見つけてしまった場合など、彼女の目を盗んでセックスに持ち込めないか検討してみてはいかがでしょうか?

なかなか味わうことのできない体験をすることが出来ると思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です