ナンパが成功する時間帯はいつ?

皆さんはいざナンパしようと考えたとき、いつ頃の時間帯を狙ってナンパしようと思いますか?

恐らく大半の方が早くても夕方過ぎくらいから、夜から夜中にかけてナンパすると思います。

しかしその時間帯は特に繁華街にはライバルも多く、住宅街の駅前でもナンパが行われるくらいにナンパ激戦時です。

少しでもライバルを減らしたいと考えている人は、人とは違う時間帯にナンパしてみるのもいいでしょう。

今回はそんな人とは違う時間の一つ、夜から夜中にかけての時間帯以外でナンパする方法を紹介したいと思います。

オススメは朝!早朝を狙いましょう

私が個人的にオススメな時間帯は朝一です。

特に土曜日と日曜日の早朝に関してはナンパ成功率がグンと高くなります。

住宅街の駅前でナンパしても成功しますし、繁華街でしたら曜日関係なく早朝でもナンパセックスすることは可能です。

私は始発が動き出す少し前、4時前後くらいから歌舞伎町でナンパをすることが多かったのですが、繁華街の4時前後は水商売や風俗関係、もしくは始発まで時間を潰したいと考えている一般女性がいる確率がとても高いです。

口下手な人でも、
「電車が動き出すまでヒマなんで、よかったらカラオケでも行きませんか?」
みたいな口説き文句が思いつきます。

そのままホテルに直行することもできましたし、カラオケに行ったり飲み直したりすることでナンパセックスまで辿り着けることが多々ありました。

また、住んでいる場所にもよりますが、住宅街近くの駅前でナンパする場合は始発電車から6時過ぎくらいまでの間で降りてくる女性が狙い目です。

オールで飲み明かした女性が多く、ふらふらと千鳥足で家路に着こうとしていたり、中には座り込んでしまっている女性を見かけることもあります。

少なからずお酒を飲んで帰ってきている人が多いので、そのまま家に誘ったり、家まで送るという名目のもと自宅に上がり込んでセックスすることもできます。

可能性はかなり広がる上に、セックスまでの最短距離を突っ走ることができるので、早朝のナンパはかなりオススメと言えるでしょう。

昼過ぎでのナンパ

昼過ぎにナンパする場合は、正直なところあまり成功率が高いとは言えません。

駅前を散策していても待ち合わせをしている女性ばかりですし、1人で歩いている女性を見つけて声をかけても無視されてしまうことが多いです。

しかし、想像できるあらゆるケースから狙いを絞ってナンパを成功させることも可能です。

例えば、駅前でキレイな女性を見かけたのにも関わらず、待ち合わせをしている様子だったとします。

その場合、自分も待ち合わせをしているフリをしてその女性の近くで待機してみてください。

女性がしばらく待っても誰とも落ち合うことなく、携帯を見た後にどこかへふらふら歩きだした場合は待ち合わせをドタキャンされた可能性が高いです。

向かう先がしっかりとしている様子だった場合は待ち合わせ場所が変わった可能性もあるため一概には言えませんが、初めの待ち合わせ場所から動いたタイミングを見計らって声をかけると成功することがあります。

遊ぶつもりで出てきているのに、遊べなくなってしまった女性を狙うのは効率がよいでしょう。

また、お店の看板やメニューを見て悩んでいたり、飲食店が立ち並ぶ場所を1人で歩いている女性にはすぐ声をかけるようにした方がよいです。

そして最後に、平日の昼間からパチンコやスロット、ゲーセンに1人でいる女性にも声をかけてみるとよいでしょう。

ヒマ潰しでそういった場所にいる女性も多いので、ご飯を奢ってあげる名目で誘ってみたり、パチンコやスロット、女性がプレイしているゲームに興味がある体で話しかけてもよい印象を持たれることがあります。

純粋に遊び友達に発展することもありますので、そういった繫がりから別の女性を紹介してもらうのも一つの手段だと思います。

まとめ

ナンパのよいところは、場所や時間を選ばず声をかけることができることです。

声をかけなかった場合セックスまで行くことは絶対にありませんが、声をかければかけるほどナンパセックスできるチャンスが生まれます。

さまざまな時間帯、場所でナンパをしてみてください。

思いがけないリアクションがもらえたり、簡単にセックスができる関係まで発展することができるかもしれませんよ?