気の弱い人はこれをしろ!ナンパ成功の秘訣

私は、数多くの女性に声をかけ、最終的にセックスまで辿り着いたことがたくさんありますが、基本的に小心者です。

取り繕って小心者に見られないように気をつけているというか、見栄を張って生活する癖がついてしまっていますが、それでもいざナンパしようと考えた際はその小心者が顔を出すことがあります。

こちらの記事をご覧になっている人の中にも、ナンパからのセックスに憧れを抱いていながらも声をかけることに躊躇いを持ち、断られることや警察からの指導を受ける事を恐れてしまう人がいるのではないでしょうか?

そこで今回は、小心者の男性がナンパをして、成功するための秘訣を紹介したいと思います。

私自身がナンパする際に気をつけていた部分もありますので、是非参考にしてナンパセックスを成功させてください。

お酒のメリットは女性を持ち帰れるだけじゃない!

女性とセックスしたいと考えた時に、居酒屋に連れて行って酔いの力を借りることはよくあることだと思います。

私もナンパしたときは、その後は居酒屋に行って楽しんでもらいながらセックスに持ち込む方法を画策していました。

しかし、小心者の性格ではなかなか最初の一言の声をかけづらいこともありますよね。

必ずしも、素面の状態で女性に声をかけて、一緒に居酒屋に行かなければいけないというわけではありません。

気が弱い人の中には、お酒に酔った勢いで声をかけられるようになったり、途端に気が大きくなる人もいると思います。

なので、友人との飲み会や職場での懇親会のあとや1人飲み歩きをしたあとなどに、そのままのテンションで道行く女性に声をかけてみてはいかがでしょうか?

あまりにも飲み過ぎてしまうと女性との時間を楽しく過ごすことができないので、ある程度の見極めが必要ですが、ほろ酔い程度の状態でナンパをすると成功する確率が高いですし、断られてもたいして気にならないことが多いのでオススメです。

お酒を飲む時間帯も夜が多いと思うので、夜飲みはじめてから夜中にナンパに繰り出してみるのもナンパ成功の1つの秘訣だと思います。

周りの目が気になる!

私もそうでしたが、ナンパする際に周囲に人がいるとどうしても気になってしまうケースがあると思います。

ナンパしている最中に、他の人が介入してくることはほぼないのですが、実は彼氏が迎えに来ていたりとか、めんどくさい人に絡まれてしまったりとか、危惧してしまう気持ちは拭いきれません。

そういった周囲の目が気になる場合、対処法は2つです。

まず一つは、ナンパスポットとして有名な繁華街を中心にナンパをすること。

ナンパが日常的に行われているような場所、都内なら新宿や渋谷、池袋でナンパをすると周りも気にする人の方が珍しいくらいに馴染むことができるので、1人声を掛けてしまえば躊躇う気持ちがなくなると思います。

歩いている女性も多いのでナンパ対象の人が簡単に見つかるようになるのも大きなメリットです。

そしてもう一つ、純粋に人のいないところで声をかけること。

必ず人目がつくところでナンパをしなければいけないわけではありません。

駅前は混雑していても、少し声をかけようか追いかけて行った場合に人目がなくなる瞬間もあるので、そういったタイミングを見計らってのナンパ行為も効率は高いと思います。

しかし、人目がないということは、そのぶん女性が警戒心を抱く可能性も高くなるので、人目のつかない場所でのナンパをする場合は怪しまれないよう、誠実さをアピールした方が成功率が高くなります。

まとめ

私がナンパを繰り返し行ってきて感じたことは、確実に弱気な男性や小心者の方はナンパをする上で不利な性格であるということです。

ですが、そんな人でも、ガンガン色んな女性に声をかけられば成功する確率は高くなるし、下手な鉄砲も数を撃てば当たるとも言います。

とにかく多くの女性に声をかけるということは、最低限ナンパをする上で必須だと考えるようにしましょう。

慣れてしまえば弱気な部分を隠してナンパをすることができると思いますし、声をかけられた女性が必ずしも失礼な人だったり気の強い女性とも限りません。

中にはいきなり暴言を吐いてくる女性もいますが、レアケースだと割り切って次の女性の目星を付けるようにしましょう。

思い通りに行かなくても失敗を引きずることのないように、強い精神力を持ってナンパに勤しんでください。