女性はどんな男性にナンパされるとグッとくるのか?

巧みな話術を持つイケメンが実行すれば、ナンパなんて簡単に成功しそうですよね。
確かにその2つが揃っていれば鬼に金棒!
たとえナンパに否定的な女性であっても、多少はドキッとしてしまうのではないでしょうか。

 

とはいえ、話が上手くてルックスも良い=必ずイケる!とも限らないようです。
まあ、女性にも好みのタイプがあるわけですからね…
例えばスリムな男性を好む女性であれば、ガッシリ系の男性にアピールされたところで、トキメキなど起きないでしょう。
逆に体格のいい男性がタイプである場合、細身の男性に声を掛けられてもいまいちピンとこないかもしれません。

そして外見だけではなく、中身に関しても好みは人それぞれ。
それこそ「話上手で面白い人が好き!」という女性もいれば、「口下手なほうがグッとくる」という女性もいるでしょう。

トークスキルやルックスは、ナンパをするうえで素晴らしい武器になります。
ただし、女性側に「好み」「ツボ」というものがある以上、その武器が毎回必ず有効性を発揮するとは限らないわけです。
だからこそナンパっていうのは、奥が深くて難しいのかもしれません(笑)

しかし女性側からしてみると、大切なのは自身の好みやツボだけではないのです。
その男性の持つ「雰囲気」も何気に重要なんですよ。
この「雰囲気」が良いと、たとえツボにハマらなくても「1回くらい良いかな?」と思ってくれる可能性があります。

ズバリ「清潔感」が大事!

ただ「雰囲気」といっても、それだけだとなんだか漠然としています。
もっと明確でないと、具体的にどうすれば良いのかわかりませんよね。

そこでまず心掛けるべきなのが、「清潔感」。これです。
清潔感のある雰囲気は、それだけで女性に好印象や安心感を与えます。

きちんと身だしなみを整えて清潔感を出せば、極端な話それほどイケてるルックスでなくても好感度は高くなります。
髪型や服装など、基本的な部分はもちろんですが、意外と「爪」を見ている女性も多いとか。
確かに、きちんと短く切られた爪は清潔感があります。見えないところまで気を配っている姿勢も好印象と言えますね。

そして言うまでもありませんが(笑)清潔感とは真逆の「汚らしい雰囲気」は完全にNGです。
ヨレヨレなシャツ、黄ばみや汚れがある服などは、「ちゃんと洗濯してないのかな?」という印象を与えてしまいます。
また、髪や髭がボサボサ、肩にパラパラとフケ有り、全体的にギトギト脂っぽかったり体臭が強烈な場合なども、不潔な雰囲気になってしまいますね。

「ちょっ…この人お風呂入ってんの…?」
そんな風に思わせるような状態でナンパに挑むのは自殺行為です。
もちろん、そんな状態でナンパに繰り出すちゃう人は、なかなかいないかと思いますが…(笑)

とにもかくにも、手っ取り早く女性に好印象を与えるためには「清潔感のある雰囲気」!これを意識することが大切です。
だからといって、別に特別なことや厄介なことをする必要はありません。
きちんと入浴し、髪型や髭を整え、爪を切り、ニオイに気を付け、ピシッとした服を着る。
基本的なことを全部守れば、清潔感は自然と出ます!

見かけだけではなく振る舞いにも注意

また、ナンパに成功したら、一緒に食事やお茶をすることもありますよね。
その時の「食べ方」にも注意したいところです。

口を開けながら食べたり、クチャクチャと音を立てながら食べたり…
そんな食べ方をする男性からは、とても清潔感なんて感じられません。
また、清潔そうな男性がこれをやらかすと、悪い意味でのギャップが生じ、さらなる悪印象を招く恐れがあります。
「雰囲気だけ気を使ってるけど、実際は違うのかも…」「見掛け倒し?」と幻滅されてしまいます。

女性を捕まえたことに安堵すると、「食事の後はホテルかなー」なんてことを考えたりして、ついつい気を抜いてしまうかもしれません。
しかし油断は禁物です!
ちょっとした振る舞いにより幻滅されたら、「ごめん今日はもう帰るね」なんてことになりかねません。

「せっかくここまできたのに!」と、全ての苦労が水の泡…
そんな結末はあまりにも悔し過ぎますよね。

そんな悲しい事態に陥らぬよう、見た目だけではなく、振る舞いの部分においても「清潔感」を出せるように気を配りましょう。

実はナンパを喜ぶ女性も多いって本当!?

結果がダメでも果敢に再トライ!
ナンパをするなら「前向きな精神」は非常に大切です。

ただ、やはりナンパ師も人間ですからね。
あんまりにも連敗ばかりだと、時にはガックリしてヤル気を失くすこともあるでしょう。
人によっては「多くの女性はナンパというものが大嫌いなんじゃないか…?」という、根源的な不安や疑問まで浮かんできたりもします。

ナンパされることに抵抗があるかどうかは、もちろん女性によります。
失敗ばかりだと「抵抗がある女性のほうが多いのでは?」と感じるかもしれません。

実際はそうとも言えない


むしろ「ナンパをされた」という事実を喜ぶ女性もそれなりにいるのです。

「声を掛けられたってことは、それだけ魅力があったってことかな」と感じれば、そりゃあ悪い気はしないでしょう。
もちろん男性からしてみると、「単にルックスだけで選んでるだけではない」というケースもありますけどね。
例えば「簡単にヤラセてくれそう」「軽そう」など、すぐにエッチな関係になれそうな女性をターゲットとするナンパ師も大勢います。
「ああいうチャラチャラしたギャル系ならすぐヤレそうだな~」など、そんな目線で声を掛けることもありますからね。
「ナンパされる=ルックスに魅力がある」とは限らないわけです。
もちろん、「ヤレそうな所が魅力」と言えばそれまでなんですが(笑)

ただ大抵の女性は、やはり「女として魅力があるから声を掛けられた」と内心喜びます。
それをあからさまに表に出すことはしなくても、「あ~声掛けられちゃったよ~」なんて思っていたりするわけです。
中には友人や家族などに対し「今日ナンパされちゃってさー」と、どこか嬉しそうに報告する女性もいます。

…となると、女性は案外、ナンパされること自体はそれほど嫌ではないのかもしれません。
むしろ「魅力がある証」ということで、女性的には結構嬉しいと言えるのではないでしょうか。

タイミングも重要!だからこそ諦めは禁物

しかし連敗続きの身からすると「だったらなぜ皆付いてこない?」という気持ちになりますよね。

ハッキリ言って、これはもう「タイミング」の問題かと思います。

・声を掛けた女性にすでにパートナーがいた
・いろいろ忙しくて出会い自体を求めていない
・単に用事があって急いでいたため話を聞く暇が無かった
・仕事で疲れていてそれどころじゃなかった

このように、女性側に何らかの事情があると、当然ながらあまり歓迎されません。
「ナンパされた」という事実は喜ばしいとしても、それを受け入れる状況・気分ではなかった…
そんなところですね。

逆にタイミングさえ合えば、思いのほかスムーズに事が進んだりもします。

とはいえこればっかりは、まさに「運」ですから…
ツイてない時はとことんツイてないものだったりするので、そういう場合はひとまず退散し、家で大人しくエロ動画でも見ていたほうが良いかもしれません(笑)

ただし、ナンパ自体を諦めることはありません

諦めずに続けていけば、いずれビッグウェーブがやってくるでしょう。
人気漫画「スラムダンク」のキャラクター・安西先生が言い放った「あきらめたらそこで試合終了だよ」という有名な名言。
そう、まさに安西先生の言うとおり(笑)
ナンパを止めないかぎり、成功する可能性はあるのです。
しかし完全にナンパを止めてしまったら可能性も何もありません。そこで全てはおしまいなんです。終了なんです。

逆に、ウジウジ悩むくらいなら、もういっそすっぱりナンパ道から足を洗うのもひとつです。
しかし、成功した時の達成感や、セックスができた時の喜びなどを考えると…
ちょっと失敗が続いているくらいで諦めるのはもったいない、とも言えますからね。
ですので、どうせナンパをするんなら、失敗続きだろうとなんだろうと自信をもって挑みましょう!

「そもそも女性はナンパされるのなんて心底大迷惑なんじゃないのか?」
なかなか上手くいかないからといって、このような本質的な部分での不安を感じる必要はありません。

 

「ただ単にタイミングが合わなかっただけ」
「声を掛けられれば皆悪い気はしないだろう」
と、あくまで前向きに考えるようにしましょう。

成功したければとにかく褒めて褒めまくれ!

ナンパを成功させてエッチな関係を持てば、当然ながら性的な気持ち良さを得ることができます。
そんな気持ち良さを得たいのであれば、まずは女性を気持ち良くしてあげることです。
言わずもがなですが、もちろん「女性を気持ち良く」というのは、性的な意味ではないですよ(笑)
ナンパの段階で気持ち良くさせるのは「身体」ではなく「精神」のほうです!
まあ、ナンパを成功させていざエッチな関係へと持ち込めたら、その時は精神のみならず身体のほうも気持ち良くさせてあげなければ…ですけどね!

女性を気持ち良くさせるためにはどうすれば良いのか?


これは簡単。まずは「褒める」ことです。
褒められて気分が良くなると、大抵の女性はついフラフラ~ッと付いていってしまいます。

まず一番最初に褒める点は、やはり外見でしょう!

自分のストライクゾーンに収まっている女性だからこそ、声を掛けるわけですよね。
即ちすでにその女性の容姿を良いと思っているわけですから、外見に関して褒めるのは非常に容易いかと思います。

その際は、「綺麗」とか「美人」とか、大まかに褒めるだけだけではなく、ピンポイント&具体的に褒めてあげるとなお良いでしょう。
例えば「スラッとしててモデルさんかと思った」「色が白くてめちゃくちゃ綺麗ですよね」など、その女性が持つ美しさをフィーチャーしながら褒めるのです。

あとは服やアクセサリーなど、身に付けているものを褒めるのもアリでしょう。
自分のセンスを認められるのは誰しも嬉しいものですからね。
外見以外の特徴を褒めるのは、直接外見を褒めることと同じくらい効果的と言えますよ。

女性の対応に応じて臨機応変に!

また外見以外という意味では、反応や表情などを褒めるのもGoodです。

笑顔で愛想良く応じてくれたり、恥ずかしそうに照れたり、ちょっと怪訝そうにしながらも一応立ち止まってくれたり(笑)
声を掛けた際に女性が見せる反応は様々です。
それらを褒めるのもなかなか有効だったりするようですよ。

ニコニコと嬉しそうにしてくれたら「そんな素敵な笑顔向けられるとますますグッとくる」
照れ臭そうにしていたら「控え目な感じの女性って好きなんだよね」
少々嫌な顔を見せられたら「あ~、やっぱり美人は怒った顔も綺麗だよなあ」

などなど(笑)
相手の対応を活用しつつ褒めてあげると良いでしょう。

ただし、中には極端に卑屈なタイプの女性もいます。
その場合はどんなに褒めても効果はありません。むしろ逆効果になる場合すらあります。
だからといって貶すわけにもいきませんよね。
ですので「ああ、全く効果無いタイプだな」と感じたら、早々に切り上げましょう。
効率よくナンパをするのであれば「切り替え」も大事です!

女性の対応や性質に応じて、臨機応変にうまくやっていきましょう。

見た目のみならず中身も褒めよう

目に見える部分を褒めてイイ感じになったら、お次は中身も褒めていきます。
会話をしている中で「良いな」と思う部分があったら、素直にそこを褒めると良いです。

また、「こうして知らないヤツの相手してくれるなんて、優しいよね」「優しいうえにノリもイイよね」といった褒め言葉も加えたいところ。
「ナンパについてきた自分=優しくてノリがいい」と認識させることで、女性は自然と自身を肯定することができます。
もしかすると、「ホイホイ付いてきちゃった自分ってちょっと軽いかな…」と感じてしまう女性もいるかもしれません。
しかし、このような褒め方をすれば「ナンパ男の相手をしてくれるあなたは素晴らしいですよ」的な感覚を抱かせることができます。
そうすればマイナスな考えも消失しやすくなり、それどころかむしろプラスへと転換していくわけです。

マイナスが消えてプラスが生じるようになれば、気持ちもテンションも上がって、自ずとノリノリになってくるでしょう。
結果として「やっぱり付いてきて良かった!」「もっとこの人と遊んでみたい!」という、さらなるプラスの気持ちが生まれてくるわけです。

女性の気持ちを上向かせたまま、ある程度の時間を共有し続ければ、セックスに持ち込むことだって余裕でできちゃいます。

冒頭でもお伝えした通り…
気持ちの良い関係を築きたければ、まずは女性を気持ち良くすること!ですね。
ぜひこの辺りを念頭に置きつつナンパをしてみましょう。

女性の警戒心を解くべし!

ナンパをする場所といえば、皆さんはどこを思い浮かべますか?
やはり多くの人は「街」を想像するでしょう。

街といっても、ほとんど人通りが無いような寂しいエリアでは意味がありません。
例えば都内なら渋谷や原宿、池袋に新宿など。
人で賑わっている繁華街こそ、定番かつ絶好のナンパスポットと言えますね。

ただし、女性目線で考えると、こうした場所でのナンパは「いかにも」という感じで警戒してしまいます。

ナンパをする際に大事なことのひとつ

大事なことは、「如何にして女性の警戒心を下げるか?」です!

「言われるがままついていって、危ない目に遭ったらどうしよう?」
「見知らぬ男性と繁華街で出会ってどこかへ行くなんて危険すぎる」
「ていうか繁華街だしナンパというよりスカウトかキャッチかも。うっとうしい!」

このように、自身の身を案じるゆえの警戒心や、スカウト・キャッチという繁華街ならではの警戒心などなど。
ナンパをされる女性たちの中には、あらゆる警戒心が渦巻いているわけです。
まあ「知らない男性と遊ぶなんて危険」という点は、繁華街であろうとなかろうと同じですが…
妖しげなお店がたくさんあるエリアだと、そういった警戒心が余計に強く働いてしまうのかもしれませんね。

それこそ繁華街のクラブでも行けば、警戒心皆無のギャルと出会える可能性はいくらでもあります。
が、「ギャル?違う。それは自分の好みと違う」「いくらエッチ目的でも誰でもOKってわけじゃない」というナンパ師にとっては無意味ですね(笑)

女性の警戒心を解くためにはどうすれば良いのか?

これはなかなか厄介なところです。
なるべく爽やかに、「いかにもナンパするために声掛けました」的な雰囲気を出さなければ、警戒心はそれなりに下がるかもしれません。
ただ、特に初心者の場合、これが結構難しかったりするんですよね。

そこで、いっそシチュエーションを変えてみることをオススメします。

そう。街ではなく、海・温泉・リゾート地など、観光スポットと言われるエリアでナンパをするのです!

こうした場所で遊んでいる女性達は、通常よりもリラックスしています。
日常から離れて旅行を楽しんでいるのですから、そりゃあリラックスもしますよね。
即ち、警戒心も通常より下がっているわけです!

夏のナンパならぜひとも「海」はおさえておきたい!

開放感あふれる海やリゾート地は、そもそもナンパの定番スポットですよね。
寒い季節だと厳しいですが(笑)
夏の暑い時期であれば、絶好のナンパスポットと言えるでしょう。

「旅先の海で遊ぶ」。この状況だけで女性たちのテンションは上がります。
それに加えて「夏」という、1年の中で最も開放的になる季節もセットですからね。

女性のリラックス度やテンションがアップ!
それに伴い警戒心がダウン!
そんなナンパ師にとって嬉しい要素が、夏の海には揃いまくりというわけです。

それに水着って、当然ながら露出度めちゃくちゃ高いですからね!
ビキニとか、正直アレってもはや下着同然じゃない?と思います(笑)
それゆえついついアダルトな妄想も加速!
露出度の高い恰好を見れば、ナンパする気分もさらに盛り上がるってものですから、ナンパ師のテンションを上げるという意味でも海はオススメです。

また海には「ナンパ待ち」をしている女性も多数います。
声を掛けた女性が偶然にもナンパ待ち女性であれば、もはや願ったり叶ったり。
もちろんナンパ待ち女性でなくても、成功率は高いですけどね。先程もご説明したように、何しろ海は開放的になりやすい&警戒心が下がりやすい場所ですから。

ただし、声を掛ける際には一工夫あったほうが良いです。

「何してるの?ひとり?どっから来たの?」など…
いくら女性の警戒心が下がっているとはいえ、こうしたありふれた声掛けでは少々厳しいかもしれません。
海にはナンパ師=ライバルもウヨウヨいます。
そんなライバルを出し抜くためには、多少わざとらしくてもいいのでキッカケを作りましょう。

例えば「ビーチボールが行方不明なんですけど~」とかでもOK。もちろん嘘でも構いません。
「こういう感じのボールで」と適当に説明しつつ会話をしましょう。
場合によっては「一緒に探しましょうか?」となるかもしれません。

感触自体は悪くないけど、もしそのような展開にまでならなかったら「じゃあまた探してみるか~」と、ボールに関しては早々に切り上げましょう。
そして「あ。ところでさっきからちょっと思ってたんですけど、なんかどっかで会ったことありません?」などと、別の切り口に持っていきます。
いきなりコレだとアウトかもしれませんが、ある程度会話をした後なら案外自然です。
そこからまた話を繋げていけば、いつの間にか仲良くなっていたりします。
また、仲良くなった後で「実はボールの件って嘘だったんだよね。話しかけたかったからさ(笑)」とカミングアウトすれば、嘘も笑い話になります。

とにかく夏の海は本当にオススメです!

秋冬なら温泉地もアリ

そして寒い時期であれば、温泉地なんかも良いでしょう。

夏特有の開放感はありませんが、「見知らぬ土地&温泉でのんびり」というシチュエーションは、超リラックスモードになること間違いなしですからね。
また秋や冬は人肌恋しい季節でもありますから、そういう意味でも警戒心が下がりやすいと言えるかもしれません。

もちろんこの場合も、ナンパっぽいありふれた声掛けは避けたほうが吉!
「この辺にいいお店ありませんかね?」
「温泉って普段ほとんど来ないんですけど良いもんですね~」
など、自然な切り口は結構あるものです。

女性の警戒心が下がれば、難易度もグッと下がります(笑)
「街」という場所にこだわらず、様々なスポットへ出向いて、リラックスモードの女性を狙ってみましょう。

ナンパするなら誠実さ&情熱をアピール!

多くの女性が「ナンパする男性=軽そう・チャラチャラしてそう」というイメージを抱きがちです。
街行く見知らぬ女性に手当たり次第声を掛けるわけですから、このようなイメージを持たれるのも仕方ないと言えます。
実際のところ、軽くてチャラチャラしたナンパ師も多く存在していますしね。
もはやそこを突かれると返す言葉がございません、という感じです(笑)

そのため、カッコイイからといって絶対にナンパが成功するとは限らないわけです。
いくら声を掛けて来た男性が自分好みのイケメンであっても、「なんか軽そう…」と感じると、その時点で引いてしまう女性は結構多いんです。
もちろん「カッコイイ人に声掛けられちゃったー、嬉しい!」と舞い上がり、ホイホイついてきてくれる女性もいます。
そのような女性に当たれば超ラッキー、なんの問題も無くオイシイ展開が望めるわけですが…
世の中そう簡単にうまくいかないものです。人生もナンパ道も厳しい(笑)

しかし当然ながら、そこで諦めてはいけません。
もしくは出会い系の、セフレ掲示板を使ってもいいですが。

声を掛ければ毎回必ずGET!とまではいかなくとも、やり方次第で今よりナンパ成功率を上げることは十分可能です。
そして先述した通り、イケメンだからといって必ずしも上手くいくとは限りません。
そうです。女性が胸を打たれる雰囲気でお声掛けすれば、全ての男性にチャンスがあるってことです!

ナンパする男=チャラ男というイメージを壊す

では女性側は、どんな男性だと受け入れてくれるのでしょうか?
もちろん全ての女性に共通すると断言はできませんが、冒頭でも申し上げた通り、多くの女性が「ナンパする男性=軽いチャラ男」というイメージを持っています。
まずはこのイメージを和らげること!これが大切と言えるでしょう。

ナンパというチャラい行為をしてる時点で、チャラいイメージを和らげるのなんて無理なんじゃないか…と思われるかもしれません。確かにそうです。
正直ナンパをする男性は、セックス目的の人も多いですからね。
というか実際、ほとんどが「お、美人だな。ヤリたいなー」と感じて声を掛けたりするものです。
もちろん「ナンパをキッカケに真剣なお付き合いがスタート!」というケースもあるでしょうが、ハッキリ言って大体のナンパ師はエッチな関係を狙っています。
その辺を女性も察しているので、余計に悪いイメージが根付いているんでしょうね・・・

だったらどうすればいいの?

この際、相手がどう感じようが構いません。
相手が抱いているイメージなどはひとまず無視です!
まずはいっそ思い込んでしまいましょう。
「チャラいなんてとんでもない。自分はとても誠実な男なんだ」と!

さらには設定まで作り上げてしまうのです。

「シャイでなかなか女性に縁が無い…そんな消極的な自分を変えたくて、あえてナンパをしている!」

とか、
「良い出会いを求めるなら受け身じゃダメだ。だから人になんと思われようとも、あえてナンパに挑んでいる!」

などなど。

ナンパという行為を前向きな方向に転換してしまうのです。

そして女性に話しかけた際には、すかさず「チャラチャラしてるな~とか思ってる?笑」と、冗談めかして先手を打ちましょう。
そのうえで、上記のような前向きな理由をサラッと話すのです。
もちろんあくまで明るくサラッと、ですよ!
真面目な雰囲気を出そうとして神妙に話してしまうと、それはそれでかえって引かれてしまう可能性があるので注意。

ナンパ=チャラチャラした心から生まれた行為、ではなく。
ナンパ=まっすぐな心から生まれた行為、という点をアピールしてみましょう。
そして「全てのナンパ男がチャラいわけじゃないんだな」と、女性の持つイメージをぜひ壊しちゃってください(笑)

しつこいようですが、その際は明るさを忘れずに。
前向きな理由によりナンパをしている、ということを、明るく爽やかに語れば、普通にナンパするよりも好印象が得られやすいです!

アツい心意気をぶつけるべし

また、情熱的な姿勢も大切ですね。
とはいえあまり強引すぎても嫌悪感を持たれてしまいます。
「いいからちょっとお茶でもしようよ!」という無理矢理なやり方は、大抵悪印象を与えてしまいます。
強引さや情熱は、そういった自己中心的な形で表現してはいけません。

例えば

「ドキドキしたけど勇気をもって声を掛けたんです!」
「大げさかもしれないけど、今言っとかないと後悔するなと思って」
「またココですれ違えるとは限らないじゃないですか。だから思わず!」

など、「今やらずしていつやるんだ!」という、まっすぐなガッツが感じられる形で情熱を表現しましょう。

もしかすると、最初は「何この人(笑)」と思われるかもしれません。
しかし「ストレートかつ素直にアツく伝える」という姿勢を終始見せ続ければ、もはや女性も根負けです(笑)
「そこまで言うなら…ま、お茶くらいいいかなあ」と、半ば呆れつつもクスクス微笑みながらOKしてくれれば、もうこっちのもんです(笑)

ナンパをするなら、やはりある程度のアグレッシブさは必要不可欠。
だからといって、相手を不快にさせる強引さや、チャラついた雰囲気は禁物です。
女性が思わず「あ、なんか良いな」と感じてしまう、誠実さや情熱ぶり。
まずはそれらを見せつけることを意識してみましょう!

獣の心を持ちつつ、紳士的に振る舞うこと。

これはナンパに限らず、あらゆる場面で有効です(笑)

ナンパからエッチな関係に持っていくにはどうしたらいい?

ナンパからエッチな関係に持っていく為には、女性の心理を理解している事が大事だと思います。

ナンパ待ちをしている女性はもちろん、多くの女性は、「いつ、どんな場所で、どんなシチュエーションで」エッチな関係になるか。という事を想定しています。

 

なのでだいたいの女性は、外に出掛ける時には下着にまで気をかけています。

飲み会、女子会、仕事場、買い物の時も、エッチな関係になるかもしれない。

という気持ちを持っていますよ。

女性もどこかでエッチな関係になる事を期待しているのです。

女性の心理さえ理解していれば意外とエッチな関係に持っていくのは簡単!

エッチな関係に持っていける女性も多くいます!

 

ここでは、いくつかそのテクニックをご紹介していきたいと思います。

ナンパの成功率にも関わってくる!タイプ別、女性の選び方

女性といってもいろんなタイプの方がいます。

・明るくてノリのいい女性。

・軽そうで派手なギャル

・引っ込み思案でおとなしい女性

・クールでボーイッシュな女性

と様々です。

 

・軽そうな派手なギャル

この中で1番持っていきやすいと言えば、やっぱり【軽そうな派手なギャル】ですね。

ギャルはエッチな関係になる事を望んでいる事が多くあります。

なので、軽そうなギャルは簡単に持っていけると思います。

エッチ目的でナンパ待ちをしている方も多くいます。

ギャルを落とすには、ノリよく声をかける事が大事ですよ!

 

・明るくてノリのいい女性

明るくてノリのいい女性は、心を開いてくれやすいです。

自分の話や趣味の話をしていくと、プライベートの事もすぐに話してくれます。

ノリのいい女性とエッチをするには、まずは自分のプライベートを話して、何でも話せる関係にになる事がポイントですね。

 

・引っ込み思案でおとなしい女性

引っ込み思案でおとなしい女性は、意外と押しに弱いです。

こっちが押して押して押しまくっていくとその押しに負けます。

流れに流されやすいタイプなんです。

場の雰囲気に流され「もう、どうでもいいかぁー」となりがち。

おとなしい女子と落とす場合は、とにかく押してみましょう。

 

・クールでボーイッシュな女性

実は1番難しいタイプなんです。

なかなか心を開いてくれないため、押してもダメだしこっちの話にもノッてきてくれないです。

接し方が難しいタイプですね。

しかし、普段あまり女性扱いされていない人は多いのもこのタイプ。

急に女性扱いされると、そういうのに慣れていないクールでボーイッシュな女性はグッとくるはず!

そこを狙っていけばだんだん心も開いてくると思いますよ。

時間はかかりますが、時間をかけて女性としての魅力を伝えていくのがいいですね。

 

ナンパされる側の女性の心理とは?

ナンパでは、女性の心理的な壁を壊していく事が必要になります。

どんなタイプでも最初はやはり警戒しています。

 

相手がどんな人なのかを探りながら話をしているんですね。

また軽く見られるのもイヤだと思っている女性も多いはずです。

その「軽く見られる」と思われないような心理に持っていくことが大事なんです!

 

女性と親密になる為には、心の距離を近づけ仲良くなり、自分といてリラックス出来るようになってもらわなければなりません。

リラックス出来るようにまでなると、女性は「この人とエッチな関係になってもいいかな?」と考えるようになります。

 

まずは自分の話や趣味の話、仕事の話、恋愛の話などをし、相手との共通点を探して行きましょう!

共通の話題が出来ると女性は気を許しがちで、会話も盛り上がってきます。

 

冗談なども言って笑わせてあげるのもコツですよ。

女性が【この人といると楽しい】という気持ちになるように持っていきましょう。

 

共通点や安心感を与える事により女性はだんだん心を開き、リラックス出来るまでの距離感まで持っていく事が出来る訳です。

判断能力を低下させる事が必要

エッチに持っていきやすい方法の一つに、判断能力を低下させる事があります。

簡単に言えば、お酒の力を借りて冷静に考えさせないようにする事です(笑)

アルコールが入ると気分も上がり、理性を失いがちです。

 

男性も酔っ払うと、エッチな気分になりますよね?

酔ってキャバクラや風俗に行く人も多いと思います。

 

これって、女性にも当てはまるんですよね。

女性の多くは、軽い女と思われるのはとても嫌がります。

冷静に考えると【軽く見られたくない】【貞操を守らなければ】という考えにたどり着いてしまうのですが、酔っていると判断力が鈍っているので、男性からエッチの誘いがあれば、ついノッてしまうものなんです。

 

ここでのポイントは、相手に決定権、主導権を持たせない事。

相手に考えさせない・判断させないようにするのがポイントですよ。

 

相手にエッチな事を意識させて、エッチな事に意欲を持ってもらうようにしていきます。

 

ほどよくお酒がまわってきたら、まずは軽くボディータッチから。

髪の毛に触れてみたり頭を撫でてみたり、なるべく近い距離感で話してみたり。

耳元で話してみるのもいいですね。

 

話の内容は恋愛の話やエッチな話を

そんな話をしながら軽く触れます。

 

すると女性は徐々に心を許してきます。

これはかなりの効果がありますよ!

 

実際、私も酔ってついノリでエッチをした事が何度もあります(笑)

 

女性の反応を見て少しリラックスしてる感じになっていたらキスをしてみましょう!

案外すんなりと受け入れてくれるはずです。

 

そしてキスを受け入れてくれれば、80%の確率で【エッチな関係になってもいいかな?】との気分になっています。

ここで注意しなければいけないのが、正気に戻らないようにする事です!

冷静な判断を取り戻す前に、ホテルへ誘いましょう。

 

相手との駆け引き

今回はナンパですが、恋愛をするにしても駆け引きというのは大事なものです。

相手に好意を持たせる為には必要不可欠なものです。

 

女性は、優しくするだけではなかなか落ちてくれません。

またエッチに持っていくには安心感を与える事が大事ですが、それだけでは女性はトキメキません。

ワガママな生き物なんですよね(笑)

 

そこでオススメしたいテクニックが【ツンデレ】です。

他の人の前ではとても冷たいのに、自分の前では甘えてくる。

自分にだけ違う。

そういった態度を取られると特別感というものが芽生えてきます。

 

女性は特別扱いというものがとても好きです。自分にしか見せない一面というのがときめきに繋がるのです。好意を持たれていると感じると気を許し、自分も好意を持ち始めます。

そうなるとこっちのもの!

あとはエッチな雰囲気に持ち込めばOK!

駆け引き

恋愛をするにしても駆け引きというのは大事なものです。相手に好意を持たせる為に必要不可欠なものだと思います。

女性の多くは、男性を観察しています。

ナンパ待ちをしている女性は特に相手の行動を見ています。相手が自分にとって利益を得られるかというのを観察しているのです。なのでこちらも観察するのが大事です。

声をかけた時に明らかにウザそうな態度の女性は辞めておきましょう。少しでも反応を示した女性には、少しずつ会話の和を広げて行き、女性が何を求めているのかを探っていきます。

この時、押しすぎるのもダメです。程よい距離を保ちながら女性が心を開き出すのを待ちます。

たまに、引いてみて誘うのを辞める様子を取ってみるのもいいです。興味を示している女性は、いきなり引かれると「何で?」「誘ってくれないの?」と思い少しガッカリした表情を浮かべたりします。そこを見抜くのが重要です。

食事に誘い出せればあとは、仲良くなってなるのみ!仲良くなれればこっちのものです。

惚れさせる

この方法が1番早いです。

女性の多くは、顔がタイプの男性だったらエッチな関係になってもいいと思っています。

むしろエッチな関係になりたいとも思っています。

 

好みの男性という時点で判断能力等は全部なくなってしまうようです。

触れてほしい。話しかけてほしい。キスして欲しい。全ての欲望が沸き上がっています。

 

声をかけた時、女性の反応を見れば自分に気があるかどうかその時に分かるはず。

分かってしまえばあとは簡単です。惚れさせるだけ。

【かわいい】【すごくタイプ】等、女性の喜ぶ言葉をいう。

誉めてあげればいいのです。それだけで女性のテンションは上がります。

 

タイプの男性だと何もかもがプラスの方向に考えるのです。

歩いている時に車道側と道路側の場所を変わってあげるだけで私を守ってくれてる。

荷物を持ってあげるだけで優しい人。となります。

頭を撫でればその時はもう好きになっています。

エッチな関係には完璧に持っていくことが出来ます。

まとめ

いろいろご紹介した中で、ナンパをするにあたって重要な事は、【女性選び】【女性の心理】だと思います。

女性の多くは、やっぱり最初は顔を重視します。

 

タイプの男性だと簡単な方法でエッチな関係に持っていくことが出来ます。

声をかける前に女性を観察してみるといいですね。

タイプの男性だと必ず見ているはずですよ。

 

そして、次に重視するのが男性達の【ノリ】です。

女性によってはテンションの高い人がよかったり、クールな人がよかったりと様々です。

そこを見抜くのが大事です!

 

心理的壁を壊し、どれだけ女性に近付けるかという事を意識してほしいですね。

初めから下ネタを言ったり、強引に誘い出したりするのはNGですよ。

女性の心理的距離を少しでも近づけないと、お酒を飲むことさえも拒み、アルコールの力を借りる事は出来なくなります。

 

会話も弾まなくなりエッチな関係に持っていくのはかなり難しくなってしまいます。

女性の心理的壁をなくすという事を意識し、声をかけていけばうまくいくはずです。

中には、エッチな関係に持っていくのにとても厳しい女性もいると思います。

 

しかし、流れの中でベストを尽くせば扉は開くはずです。

検討を祈ります!

何十人とナンパセックスをした中で、一番エロかった女はこれだ!

私はナンパをする際、セックスまでその日に持ち込むことが出来ないとナンパが成功したとは思わないようにしています。

実際ナンパに行く際はセックスがしたいと思うからしている部分が大いにありますし、ナンパに応じてくれた女の子と居酒屋に行こうものなら確実に、帰りにセックス出来るように話を進めます。

そうして大勢の女性に声を掛け股を開かせてきたわけですが、今までセックスしてきた中で一番エロかった女性とのセックスをご紹介したいと思います。

セックスの体験談や出会い系、ナンパの体験談は数多くネット上に乱立していると思いますが、私の体験談も負けていないと自信を持ってご紹介できますので、楽しんでいただけますと幸いです。

腰振るエステティシャン!細身でも出るとこ出てました!

自宅の最寄り駅に関しては控えさせていただきますが、今の家に引っ越してきて半年も満たないタイミングでナンパに繰り出したことがあります。

乗り換えで使われることもある駅ですので、繁華街から住宅街、繁華街から繁華街へと乗り換える方がたくさんいらっしゃる場所に住んでいるので、同じ条件の方はナンパに繰り出してみることをオススメします。

その女性は繁華街の女性専用エステで勤務されている当時24歳の女性で、細身で笑顔がかわいらしい印象を受ける方でした。

仕事が終わってそのまま帰るために乗り換えをしようとしたところ、私が声を掛けたそうなのですが、実際その駅から二駅先に家があって割りと近所だったこともあり、ナンパに応じてもらえました。

大衆居酒屋店で鏡月のボトルを頼み、2人でグイグイ飲みながら話していたのですが、特に下ネタに移ることなく真面目に仕事の話をしていたと思います。

しかし私はセックスする気満々でしたので、自宅が近いことを良い事にお店を出た後宅飲みを提案しました。提案したというよりも手を繋いでそのまま家に連れ帰った形でしたが、特に抵抗されること無く付いてきてくれました。

家に着いた途端、コンビニで買った缶チューハイとビールで乾杯したのですが、お互いにかなり酔っていたのであまり酒は進まず、ベッドに二人で横になることに。

「何もしないから一緒に寝よう」と説得して一緒に寝たのですが、若い男女が一つのベッドで一緒に寝て何もないわけがありませんね。

すぐに横で寝ている彼女のおっぱいを揉み、おマンコの辺りを服の上からさすりました。

「ちょっと(笑)何もしないって言ったじゃん」

「ん?だいじょぶだいじょぶ」

ロクな説得もしないまま彼女の身体を貪っていると、途中で起き上がり彼女の方から服を脱ぎ始めました。

「ちょっとしたくなってきちゃった」

「うん?何もしてほしくないんじゃなかったの?」

「良いじゃん別に。触るからだよ」

そのままおもむろに私のズボンとパンツを脱がせ、硬くなったチンコをしゃぶり始めました。

吸い付きがとても強く、それでいて歯が当たったりしない絶妙なテクニックを披露されて、隠れヤリマンなんだなと感じたのを覚えています。

「うわっ、めっちゃ気持ち良い」

「んん~、あんま唾でない」

本人的にはもっと上手にできそうなニュアンスを含んでいましたが、私としてはもうフェラは大満足でしたので、次に進みたくて仕方ありませんでした。

「ちょ、もう良いからさ。腰振ってよ?」

「わかった」

「騎乗位好き?」

「うん、私一番騎乗位が好き」

私も騎乗位が一番好きだったので、身体の相性も抜群でした。

特に手マンをしたりもしていないのに、マンコはグチュグチュになっていたのでスムーズに入りました。

細身でエステティシャンなのでスタイルに気を遣っているらしく、尚且つ締まりもとても良かったです。

「ああっ!ああん!あ、あ、きもちいぃ・・」

喘ぎ声も普通にしゃべっている時より数倍エロくなっていて、私のチンコはどんどんギンギンになっていきました。

やはりセックスになれているのか、腰をグングン前後に激しく降ったかと思えば、おマンコに入っているのが見えるように股を広げ、上下にパンパンと音が聞こえるように動かしたりと本当にエロかったです。

騎乗位だけでイキそうになることはあまりないのですが、あまりの気持ち良さにイってしまいそうだったので、細身に似合わず豊満なおっぱいを揉みしだき楽しみながら正常位に切り替えました。

上からガツガツ突きまくっていると、ピチャピチャと聞こえる愛液と嬉しそうによがる彼女の姿を見て我慢の限界を迎えました。

「イ、イキそう・・・中に出していい?」

「だ、だめっ!中はだめ!あっ、あんっ!・・お腹に出して?」

「ああっ!イクっ!!」

セフレにしたかったので無理矢理中出しすることは避け、言われた通りお腹に出しました。

スッキリしてそのまますぐ寝てしまったのですが、朝起きてからまた横で寝ている彼女を見たらムラムラしてしまい、寝ているのもお構いなしにいきなり挿入しました。

その日は仕事だったのでそれ以上楽しめませんでしたが、彼女以上にセックスが上手な女性にはそれから会えていないくらい、とてもエロいエステティシャンでした。

その後も

連絡先を交換したので、その後も飲みに行ってセックスまで持ち込めないか考えていたのですが、連絡がつかずセフレにすることが出来なかったのがとても残念です。

こんなことなら中に出しちゃえば良かったかなとも思うのですが、無責任な男認定されてしまうので極力しないようにしましょう。

私はあまり気にならないのですが、罪悪感を感じてしまう男性は特に合意の上で中出しするようにしてください。

しかし、やっぱりもう一回だけでもいいからヤラセてくれないかな~なんて考えてしまうくらい最高のセックスだったと思います。

ナンパに正解は無い!セックスまで持ち込めたナンパ成功例

実際にナンパしたことのある方でしたらお分かりだと思いますが、ナンパはこれといった正解はありません。

1人の女性に声を掛け、その方と連絡先を交換もしくはセックスまで辿り着けたとしても、次の日に同じように声を掛けても誰一人捕まらないこともあります。

ナンパの難しいところは、声を掛ける相手を見つけたら声を掛けた瞬間に、瞬時にその女性がどんな男性が好みなのか判断して演じなければいけません。

自分の我を通して成功することも大いにありますが、成功する人の多くは面白い方やカッコイイ人、ノリの良い人となりますので声のトーンが低い方や爽やかな印象を得られない方は成功率が低くなると思います。

そこでこちらの記事で、実際にナンパをして成功した体験談をご紹介したいと思います。

この成功例を参考にしていただきまして、ナンパ初心者や未経験の方は是非とも今夜にでもナンパに繰り出してみて下さい。

声の掛け方がワンパターンになってしまうとナンパしている男性も面白くなくなってしまい、女性につまらない雰囲気が伝染してしまいますので、楽しみながらナンパをしてみて下さい。

ナンパ成功例~風俗嬢を見抜き、即ホ交渉に発展させる~

私は今まで数多くの女性に声を掛け、ナンパを成功させてきましたが、その成功した数の数十倍の回数ナンパを失敗しています。

実際いきなり声を掛けても、その女性がナンパに応じてくれるような女性かどうかは分かりませんし、出たとこ勝負な点は否めません。

大事なのは断られても諦めず、ひたすら声を掛け続ける事です。

1人の女性に断られて、諦めてしまってはナンパは向いていないので止めましょう。せめて出会い系サイトを利用したネトナンが良いところです。

諦めずに声を掛け続けた結果、こんなおいしい思いをすることも出来ますよという体験談をご紹介したいと思います。

私が経験したナンパ成功例の中で最もちょろかった経験談です。

私は当時23、4歳くらいでしたが、昼過ぎに時間が余ってしまい歌舞伎町をうろうろしていました。当時の私は昼でも夜でも見境なしにナンパをしていましたし、歌舞伎町や新宿東口を拠点にナンパしていましたので昼夜問わず人はたくさんいました。

女性が多い繁華街はその分チャンスが多いと考えた方が良いと思います。そうした考えが功を奏したのか、私は蕎麦屋さんのメニューを見ている1人の女性を見つけました。

いつもは若干ナンパをしようか考えた際、小心者の癖が顔を出して躊躇ったりもするのですが、不思議とこの時は躊躇うことがありませんでした。

「ここまずいですよ?他行きましょ他(笑)」

「えっ?そうなんですか?(笑)」

愛想の良い女性でしたので声を掛けて正解だったなと思いました。

完全にただの営業妨害でしたが、実際一度足を運んだ際に美味しくなかった経験がある蕎麦屋さんでしたので、金返せっていう意味での仕返しにはなったと思います。

「ホテルで何か食べませんか?俺奢りますよ?」

「う~ん、ホントですか?」

いきなりホテルに行くことを誘っていますが、これには訳がありました。

黒髪ロングで少し肌荒れの目立つ女性でしたが、反応の良さと肌の露出具合から大衆風俗店で働いているんじゃないかという予想を立てていたんです。

プライベートでセックスすることに対して抵抗が無い女性が多いのが安い風俗店で勤務している風俗嬢の特徴でもありますので、思い切って踏み込んでみたら案の定好感触を得ることが出来ました。

そのままホテルとは名ばかりの安いラブホテルに連れていき、食事やルームサービスを一切頼む事無くセックスすることが出来ました。

連絡先の交換どころか名前まで聞くことなく(もしかしたらホテルへ向かう道中に聞いたかもしれませんが、全く覚えてません)セックスすることができて、挙句中出しで終えることが出来ましたので最も簡単で良い思いが出来たナンパでした。

掛かった費用も安いラブホテルの休憩代だけですので、3、4000円程度だったと思います。

ナンパは夢が広がります

冒頭で瞬時に女性の好みを把握する必要があるとお伝えいたしましたが、その女性の特徴や職業まで何となく想像することが出来れば、ナンパの成功確率はグンと上がります。

自身が相手の好みに合わせてキャラクターを演じる必要もありますが、相手の本質を見抜く方が得意だという方はこちらの方法で声を掛ける女性を選んでみても良いでしょう。

少数ではありますが、ナンパしてそのままセックスできる女性は世の中に確実にいらっしゃいますので、男性の夢は広がるばかりだと思いますよ。

もしナンパが難しい方は、セフレ掲示板で探すといいですね。

フィールドを広げた方がナンパは成功する!

ナンパという言葉を聞いて、想像するのはストリートナンパである方が大半だと思います。

自分でナンパしたことのある方も無い方も、見知らぬ女性と知り合いたいと考えた場合道端でナンパを敢行しようと考える方は多いのではないでしょうか?

しかし、女性と知り合う場所が必ずしも直接的な場所ではない場合もございます。

今回はストリートナンパではないナンパに関してご紹介したいと思います。

意外にたくさん利用している!ネットナンパの実態

出会い系サイトを利用したことのある男性は多いと思いますが、その中で実際に女性と知り合うことが出来てセックスまで辿り着けた方はどれくらいいらっしゃいますでしょうか?

正直あまりいらっしゃらないと思います。女性の連絡先が思う様に聞けず、会うことも出来ずに出会い系サイトから遠ざかってしまう方が多いのが現実です。

しかし、その利用している出会い系サイトが大手優良出会い系サイトであった場合、自分のアプローチの仕方が悪いのではないかと真剣に考えられる方は少ないのではないでしょうか。

出会い系サイトには素人女性はたくさんいらっしゃいます。もちろん援デリ業者やアドレス回収業者も跋扈していますが、しっかりと見極めることが出来ればセックスまでありつくことは可能なのです。

そのネトナンの仕方ですが、失敗する方の大半の男性は、いきなり連絡先を交換しようと持ちかけたり、場合によっては掲示板などで「セフレ募集!」と書き込んでしまいます。

見知らぬ男性からいきなり連絡が来てLINEのIDを教える女性は少ないと思いますし、会っていきなりセックスしたいですと言っている男性にアプローチを掛ける女性は皆無だと断言してしまって良いでしょう。

実際にストリートナンパをする際もそうですが、いきなり下心丸出しで声を掛ける男性は少ないと思います。

声を掛けてそのままホテルでセックスできる場合もありますが、それは相手の雰囲気や顔、見た目で判断して抱かれても良いという気持ちが生まれる少数の女性と出会えた時だけです。

基本的には相手の警戒心を解くように楽しい会話をしたり、食事や飲みに連れて行ってご馳走してあげたりと言った過程を踏んで、仲良くなった上でやっとセックスに持ち込むことが出来ます。

ですので、出会い系サイトを利用して女性とセックスしたいと考えた際も、いきなり下心を出したり下ネタ全開でアプローチを掛けるのは控えた方が良いでしょう。

返事をくれる女性はほぼ100%の確率で援デリ業者だと思いますし、素人女性とセックスしたいと考えた場合はまずは仲良くなって友達になることが大切です。

実際に会うまで時間を要するケースが大半ですが、それでも会ってみて楽しいと思ってもらえたり相性が良かったらセックスすることは難しくありません。

その会うところまで辿り着くまでが勝負だと思いましょう。その攻略過程がネトナンの醍醐味だと思います。

女性と知り合う方法はなるべく多く持っていた方が多くの女性とセックスできる可能性が生まれますので、日頃ストナンしかしないという男性でも出会い系サイトを利用して女性を探してみてはいかがでしょうか?

写真を載せていない女性でも、直接やり取り出来るようになって写メを送ってもらえたら、素敵な女性だったというケースも少なくありません。

もちろんデブやブスに当たってしまう可能性があることは否めませんが、それでもそういった女性ばかりではないのは事実です。

連絡先を交換して写メをもらい、キレイな女性だった時の気持ちの高揚感はネトナンでしか味わえない特殊な感情だと思いますので、お金を使いすぎない程度に遊ぶのはとてもオススメです。

まとめ

ネトナンの難しいところは、正しい出会い系サイトを利用しないと女性と出会えなかったり、騙されてしまうところです。

そして優良出会い系サイトにももちろん、前述の様に業者は存在致しますので見極める力が必要になります。

しかし、出会い系サイトで女性と出会いたいと考えた際、体験談や攻略法は探してみると山の様にネット上に広がっていますので、参考にしてみると出会える確率は高くなります。

少なからず騙されることは無くなると思いますので、使いたいサイトの口コミや情報、出会い系サイトごとの攻略法などを探してみると良いでしょう。

今までネトナンで出会えたことの無い男性でも、アプローチの掛け方や角度を変えるだけで面白いくらいに様々な女性の連絡先を知ることが出来ますので、試してみてはいかがでしょうか?

彼女がいてもナンパがしたい!

特定の恋人がいらっしゃる方でも、女遊びが止められないでナンパをしてしまう方はいらっしゃると思います。

また、ナンパをしたいと考えていても彼女がいることがしがらみとなって出来ず、日々我慢しながら過ごされている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そうした方のために、私が過去に彼女がいながらもナンパをした体験談をご紹介したいと思います。

彼女がいるというのは付き合っているという事実だけではありません。実際に彼女と遊びに行った先でバレないように別の女性とセックスをした体験談です。上手くやればこんなことも出来ますよというご紹介になりますので、恋人がいながらもナンパしたいと考えていらっしゃる方は参考にしていただけますと幸いです

目を盗み、リスクを楽しむ!

私が隣に彼女がいる状態でナンパをしたのは、とあるダーツバーで遊んでいる時でした。

当時友人とダーツにハマっている時期があり、友人と一緒でなかったとしても一人で投げに行ったり彼女を連れて行ったりしながら遊んでいたのを覚えています。

そのお店は入り口近くにダーツが出来る場所があり、少し奥まった場所までいけばビリヤードも楽しめる造りになっていて、私はダーツしかしませんでしたので入り口付近で彼女と二人で楽しんでいました。

隣の席で、男性4~5人と女性1人のグループが遊んでいるのを知ってはいたのですが、お酒をかなり飲んでいた様でテンション高く騒いでいたのが印象に残っています。

自然と絡むようになり、1人だけいた女性も私の彼女の事を気に入り、やたらとベタベタしていました。男性の方々は、お世辞にも見た目が良い方がいらっしゃらなかったので、酔っている楽しさもあったのか私の事をイケメンだと褒めちぎってきました。

正直はっきり私の顔を把握できている方はいないだろうなと思っていたのですが、その流れで女性の方も私の見た目を褒めてくるようになりました。 そうなってくると私としても、その女性にどうにか手が出せないか考えるようになったんです。

お店の造りが少し変わっていて、ダーツが出来る場所から一旦外に出ると、路上に出るのとは反対側の通路に向かえばトイレがある様な造りになっていました。

私はその女性がトイレに向かったのを確認して、少ししてからトイレに行くと彼女に断りを入れトイレに向かいました。

あまり利用されているお客さんの数が少なかったこともあり、私以外にトイレを使用している方がいないのが救いとなり、用を足してトイレを出て来た女性に声をかけて手を出そうとしたんです。

「大丈夫ですか?結構酔ってますね」

「あ~イケメン君だ~」

「取りあえずもう一回トイレ入りましょう(笑)」

「え~なんで~?」

答えることもなく女子トイレに二人で入り、手を引いて一つの個室に入ってそのまま服を脱がしました。

乳首にいきなり吸い付き、スカートをめくって下着の上からクリを弄っていたのですが、戸惑いながらも喘ぎ声を発していたので好き放題に出来ました。

「ちょっと、君誰なの?今日会ったばっかだよね?」

「関係なくない?ヤリたいからヤルんだよ?」

「ウソじゃん(笑)んんっ・・・あっ、あっ」

前戯もほどほどに早めに挿入して、立ちバックのままいきなりガツガツ突きまくりました。

あまり時間をかけてしまうと彼女に怪しまれると思っていたので、我慢することなくイキたくなったタイミングでお尻にフェニッシュ。

そのまま何事も無かったかのように席に戻りました。

すると彼女から

「ねぇねぇ、あの二人イヤらしいことしてたよ?」

「ん?どゆこと?」

「さっき私トイレ行ったんだけど、個室でエッチなことしてる声が聞こえたの。男子トイレもちらっと覗いたんだけど、個室が一つ使われてるだけだったからあなた以外にいなかったと思うし、そうすると確実にあの人達でしょ?」

ドキッとしましたが、私以外にもトイレに立った男性がいたことが功を奏し、何とか彼女をごまかすことが出来ました。

正直見つかるかもしれないというリスクはあったのですが、そのスリルも楽しみながらセックスしていたので見つからなくて良かったと胸をなでおろしました。 

さすがに彼女と遊びに行った先で見知らぬ女性とセックスしたのはこの一回しか経験がありませんが、そう頻繁に行うと確実にバレると思います。

決してオススメはしませんが、日常に刺激が足りない方やどうしてもタイプの女性を見つけてしまった場合など、彼女の目を盗んでセックスに持ち込めないか検討してみてはいかがでしょうか?

なかなか味わうことのできない体験をすることが出来ると思いますよ。